New concept denim from Tokyo, evolving with the times and culture. The theory that denim is sturdy and long wearing is out of date denim that is not constrained to stereotypes. Creation based on producer Yuji Honzawa’s 3F principles (Fabric, Fit, Finish), each piece represents each artisan’s craftsmanship. This is RED CARD denim. The delicate Japanese craftsmanship is prevalent all aspects; wash, whiskers and details to create a real vintage look and feel. Not based on conventional thinking, RED CARD represents the Japanese sensitivity to detail. The evolution of REAL DENIM.
東京で生まれた新しいデニムだから、時代、文化にも応じて進化していく。デニム=頑丈で長く履き続けるなんていうセオリーはもうナンセンス。そんな固定概念にとらわれないデニム。プロデューサー本澤裕治の掲げる3F(FABRIC/FIT/FINISH)をプロダクションに携わる一人一人の職人が忠実に再現し生まれてくる。それが“RED CARD”のデニムなのです。リアルヴィンテージのように立体感が感じられるウォッシュ加工とアタリやヒゲのユーズド加工に、日本の繊細なクオリティーが随所に見える佇まい。単なるワークウェアとしてのデニムとは真逆の発想をもつ“RED CARD”は、機能面ばかりを追求するのではなく、きめ細やかな日本の感性が生み出した発想“進化版REAL DENIM”を提案します。
01